カテゴリー「MTB2009」の10件の記事

2009年11月28日 (土)

川根温泉から夕日峠

2009年11月21日(土) 晴れ 静岡県西部 41.8キロ 2.5万図 家山

2TAKAさんと夕日峠に行ってきた。2007年の1月に春野町からMTBで行こうとしたのだが、雪で行けなかった。それ以来だった。

Aaimg_0021 川根温泉から出発する。塩本から湯島への林道に入り、峯への上りに入ると次第に急になる。

峯には塩本小学校跡があり、大きなイチョウの木があった。

Aaimg_0017 少し上で、たぶん夕日峠と思われるあたりの写真を撮っていると、下から声がする。気付かなかったが畑で蕎麦を採っている人がいたのだ。夕日峠まで行くのだと言うと、「自転車でか?」と聞く。「頂上までは行けないぞ」と教えていただいた。

朝日段からの展望はすばらしい。安倍山系、大井川山系、富士山等が見える。双眼鏡も設置してあり、地名駅も見える。

続きを読む "川根温泉から夕日峠"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

秋葉山へ行く

2009年11月6日(金) 晴れ 静岡県西部 96.7キロ 

1 息子が、勤め先が改装とかで10日間ほど休みに入っている。昨日は春野町から川根町までロードで走ってきた。120キロ走ったと・・。帰宅は8時過ぎていた。心配して二度も携帯に電話したのだが、聞こえなかったと。

Aaimg_0005 今日はそれに刺激されたわけでもないのだが、秋葉山に行くことにした。

西鹿島まではいつものルート。通勤ルートをそのまま北に延長した道だ。

天竜川西岸を通って船明ダムまで行く。ダンプカーが多い。上流から土砂を運んできているAaimg_0015 ようだ。船明ダム下へ降ろしているのかな?

トイレに寄って休憩した後、伊砂(いすか)橋を渡り西岸を行く。

伊砂ボートパークを通り、夢の架け橋を渡る。

続きを読む "秋葉山へ行く"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

滝沢展望台の風力発電塔

2009年11月3日(火) 晴れ 静岡県西部 62.7キロ 

1 Aaimg_0006 突然に仕事が休みになった。

気になっていた滝沢の風力発電の塔を見に行くことにした。

浜北、内野台の団地を抜け、染地台に出る。まっすぐ北に進み、灰ノ木の台地に出る。都田テクノから川山に下る。

フルーツパークへと向かう道を北に進み、T 字路で左に曲がって都田川を渡る。右手には天浜線の鉄橋が見える。

Aaimg_0008 中学生時代、学校にはプールがなくある日の午後だったか、午前だったかこの鉄橋付近の川まで来て、水泳の時間を過ごした。年に何回だったかは忘れたが、行事になっていた。

今は昔の話だ。

Aaimg_0010 ここから、川沿いの道を進めば滝沢に出るはずだ。しばらく進んだら、通行止めの看板があった。念のため横から奥に進んで、本当に行けないのか確認にいく。
やはり、だめだった。完全に封鎖されている。戻る折りに歩いてくる人に聞いたら地元ではないからと、わからないという。たぶん台風で土砂崩れになったのでは、とも言っていた。

続きを読む "滝沢展望台の風力発電塔"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

二俣一夜城

2009年10月30日(金) 晴れ 静岡県西部 47.2キロ 
10/29付け静岡新聞夕刊で、(二俣城もなか)の紹介記事を見た。

Aaimg_0004 私は甘党。アルコールは全然だめ。さっそくMTBででかけてきた。

自宅近くのコスモスを見る。毎年近所の方が道路わきの空き地を耕して育てている。感謝。北に走る。いつもの通勤コースをいく。

続きを読む "二俣一夜城"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

遠山郷から地蔵峠へ(152号未通区間)

2009年9月27日(日) 晴れ 長野県 38.6キロ 2.5万図 上久堅 大沢岳 上町

2Aaimg_0184AKAさんから久しぶりのお誘い。小川路峠か地蔵峠への山サイということだった。
小川路峠は崩落しているところが多いようなので、地蔵峠に決定。

実は両峠とも、私は1972年に行ったことがある。小川路峠は3月、残雪で大Aaimg_0185 幅に時間がかかった。次の日、地蔵峠の予定が夜降りだした雨でツエルト、寝袋を濡らして撤退。同年の秋に地蔵峠に再トライして越えた。

・・・のだが、遠山郷上村の旧役場前の駐車場に車を停めても、記憶は全くなくなっていた。

Aaimg_0189 152号線をゆるやかに上っていく。今日はTAKAさん、kumaさんと三人。

三遠南信道、矢筈トンネルは飯田方面への自動車専用道だった。自転車はダメなんだ!

ここから、未通部分の152号と迂回する林道に分かれる。

Aaimg_0191 大島河原キャンプ場はきれいに整備されている。休憩する。
管理人さんが出てきたので、話を伺う。この先の峠までの情報をいただいた。
軽自動車が止まっている河原で道路はおしまい。

Aaimg_0194 沢を渡って河原を歩く。幸い、この先は古いながらも赤テープがついている。天気もいいので沢の水もすんでいる。

続きを読む "遠山郷から地蔵峠へ(152号未通区間)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

木曽三川公園から養老の滝(帰り--養老鉄道サイクルトレイン)

2009年6月20日(土) 曇り 岐阜県 三重県 51.7キロ 2.5万図 弥富 津島 駒野 養老

1 Aimg_0034 久しぶりに三県境に行った。木曽三川公園の駐車場に車を停めて、MTBで出発。同じ河川敷き駐車場で出発準備中のグループは、あいさつついでに聞いたら、お千代保稲荷まで行くそうだ。ロードだった。

南に進み、宝暦治水碑のところまで進む。東の長良川中にある送電鉄塔のそばが、愛知、岐阜、三重の三県境。眺めて戻る。

今日の同行はkumaさん、 hasegawaさん。

展望タワーがある三川公園はまだ開場していない。左下の堤防に沿った道を進む。

Aimg_0047 不況の真っ只中、ふと地図を眺めていて見つけた金廻。ここの神社にお参りするのだ。神社は神明神社だった。賽銭箱もない村社らしいが、しっかり手をあわせる。パン、パン・・・。が、金が廻るだけではなく、留まってほしい。

大江川を渡り、北に進む。時折単独のロード乗りの方を見かける。左手に2 Aimg_0060 あった大きな建物は上水ポンプだろうか?このあたりはほぼ海抜0メートルがに近い。

見つけた!-1m。そこに向かう。五町の八幡神社には、看板があった。どうやって防ぐというのだろう?1mの赤線がAimg_0062 地上60センチくらいだろうか。廻りは水田地帯なのだが、稲が植えられているのは半分くらいだろうか。kumaさんがいうには麦が刈り取られた後らしい。

そこを野焼きみたいに焼いている。焼畑農業か?東大江川Aimg_0063 の橋を渡ったあたりが-1メートル。草を刈っている男性に尋ねてみた。「○○のあたりが0メートルだから、この辺はマイナスになるんだろうなあ。」○○は聞きとれなかったが。その水田の脇の水路はもっと低い。この水はどこへ行くのか?「揖斐川に流れて行くよ」

3_2 Aimg_0070 えっ、どうやって?「大丈夫だ、ポンプがあるから」納得。

この後、海津歴史資料館前のガイド看板を見て高須城址を目指す。看板が東を上に書いてたったので、やや迷走。西小島で通りかかった男性に尋ねてやっとたどりついた。高須のAimg_0067 町並みを抜けて、小学校のあたりが城址だったそうだ。今は何もない。ただ、このあたりの旧家は水対策で高い石垣の上に建っている家が多いそうだ。

揖斐川を渡り、養老鉄道に沿うように旧街道らしい道を北に進む。

続きを読む "木曽三川公園から養老の滝(帰り--養老鉄道サイクルトレイン)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月30日 (土)

鳥川ほたるの里から、京ケ峯

2009年5月23日(土) 晴れ 愛知県 豊川市 岡崎市 29.6キロ 2.5万図 御油

2

山と渓谷6月号に鳥川(とっかわ)ほたるの里が紹介されていた。その地図を見ていてあれっ、ここはどこだろう思った。

音羽蒲郡インターの北の京ケ峰と地図には表記されている。その位置は私が以前行った京ケ峰に思えるのだが、周辺の山の名前がわからない。2.5万1図で照らしあわせてみたら、それも道理だった。2.5万図ではすべて表示されていない山名ばかり。地元、鳥川小学校の児童たちが名付けた山名らしいのだ。私が行った京ケ峰はそこからもう少し西にある。

しかし、京ケ峰と聞いては「京都へ行こう」が進行中の私としてはほってもおかれない。

Aimg_0413 iwazakiさんと久しぶりにMTBで出かけることにした。iwazakiさんは今年は花粉がひどくてお休みしていた。

旧東海道赤坂宿の(お休み処よらまいかん)の駐車場に車を停めて、そこからスタートする。

Aimg_0599 名電赤坂駅の横を踏み切りで渡り、その先は田んぼの中の道を北へ向かっていく。正面に見えるのは額堂山らしい。

鳥川と宮崎方面の石の道標があった。左とりかわ右みやざきと見える。鳥川小HPでは、とっかわと読んでいるのだがこのあたり(萩)ではとりかわと読んAimg_0607 でいたのか?

萩の山陰川の橋の東側に、秋葉灯篭と石仏があった。ここでも秋葉参りがあったのかなあ。ここからだとどういうルートで秋葉山に行くんだろう。

農作業をしていた年配の男性に萩住宅という地名のことを尋ねてみた。単純に町営の住宅があったのだそうだ。親戚が浜松の三方原にあり何度も行ったことがあるという。意外な話にけっこう会話がはずんだ。

Aimg_0610 そう、これから越える萩坂峠もここ萩から付けられた地名でしょう。

峠の手前ヘアピンカーブのところにダンプカーが頻繁に出入りしている。ここは、第二東名が通るようだ。額道山の下をトンネルで抜け、鳥川に出たあとまたトンネルで京ケ峯の下を通るようだ。

ヘアピンからもう少し上ると、左に額道山登山口の看板を見て萩坂峠に出る。峠には岡崎市の看板と後ろ側、豊川市の看板しかない。

続きを読む "鳥川ほたるの里から、京ケ峯"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

御陣屋川(馬込川の支流)と丸山

2009年4月3日(金) 晴れ 静岡県西部 70キロ 2.5万図 浜松 笠井 気賀 磐田

1

Aimg_0274 馬込川本流の川をたどるのは、かたがついたのだが御陣屋川という名前の支流が、気になっていた。

今日、MTBでたどってみた。つい先日新聞で桜が咲くとも書いてあったので。浜松環状線の道路すぐ北あたりで、御陣屋川がはじまる。最初の橋は内野西橋。

Aimg_0279 Aimg_0288 堤防の上は土の道。川の中に水鳥がいた。

東に小学校があるあたりは菜の花が田んぼに植えてあった。さらに遡ると桜が見えてきました。

Aimg_0298 Aimg_0480 川の東岸ではシートをひいてお花見をしている人たちもちらほら見られます。ここにかかる橋は御陣屋橋。

もう少し北にある遠鉄のバス車庫のすぐ手前から山側にある道を戻ると、看板があります。

Aimg_0476 Aimg_0475 ここに御陣屋があったと。それで御陣屋川という名がついたのでしょう。

もう少し北に行くとサンストリートがあります。

Aimg_0314 Aimg_0316 桜はそのあたりで終わります。サンストリートの北から川は東に曲がっていき、152号線を横切ります。

その先で、また川が分かれます。さて御陣屋川はどっちだ?

Aimg_0320 ふと見ると西側に看板があります。正面に廻ってみると、地図が書いてあります。

これに基点がありました。

Aimg_0318 Aimg_0327 向かって右に分かれるほうが、御陣屋川でここから東にまっすぐのびてその先が基点のようです。

あと二つ、橋をすぎていくとカラスが脇に止まっているここが御陣屋川の起点でした。

Aimg_0328

 

続きを読む "御陣屋川(馬込川の支流)と丸山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

秋葉ダムから箒木山

2009年2月1日(日) 晴れ 静岡県西部 43キロ 2.5万図 熊 秋葉山

1

Aimg_0782TAKAさんからのお誘いで箒木(ほうきぎ)山に行ってきた。

秋葉ダム湖畔のトロン温泉から白倉峡へと進む。

箒木山は初めて。今回は吉沢から大地野トンネルを抜けて、

2

Aimg_0804 トンネル上の林道に出る。

そこから地図にない林道を通って山頂へ。

詳しくはTAKAさんのブログで。正直なところ意外にきつかった。ダートの林道は疲れる。山頂手前では枝林道に入り込んでしまったが、だいたいの見当でほぼ間違いなく山頂に着いた。北側に登気野、白倉山が見える。

3_2 Aimg_0819Aimg_0820 普通は山頂の名前入り看板があったりするのだがいさぎよいくらいに何もない。左手の杉の植林と藪の境を進み、三角点を探す。茂みの中に四等三角点があった。

帰りは柴へと下り東海自然歩道を快走。去年10月にはshinちゃんファミリー と歩いた。熊から雨の中をほぼ半日かかった。しかしMTBはさすがに早い。2時間くらいで、箒木山頂から秋葉ダムまでくだった。

トロン温泉で汗を流して帰る。

Aimg_0825 私たちが帰りに通った熊からの東海自然歩道。通過していく集落はお茶と、仏様にあげるシキミというそうだが、そのシキミの栽培がほとんどだった。

それを待っていたかのように、翌月曜日の静岡新聞朝刊にシキミの記事が載った。北遠の主要な農産物になっているそうだ。組合組織で注文に応じているとのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

自転車通勤八周年 静岡888.8メートル峰

2009年1月4日(日) 晴れ時々曇り 静岡県中部 18.7キロ 2.5万図 和田島 清水

1 もう八年になるんだ。私は2月だが、iwazakiさんは先月の12月。中間をとり正月の間に八周年の記念の山にでかけた。

888.8メートル

おあつらえの山があるのだ。竜爪山の東に。麓の西里温泉から上ることにした。kumaさんを入れて三人。東名の渋滞、ちょっとしたトラブルもあってスターA8888_008 A8888_017トは11時ころになってしまった。

穂積(ほづみ)神社までは林道を上がっていく。

中腹あたりまで上ると、左手に目的の山が見えた。なだらかA8888_019 A8888_031 につらなる真ん 中の山がそうだろう。

神社手前で左手に入る東海自然歩道の入り口があった。自然歩道は竜爪山を越えて穂積神社を通る。

A8888_032 A8888_039 神社の少し前で、サイコンが8.88キロを指した。あくまで今日は8である。

神社でお参りした後、高山、帆掛山入り口の看板のところから山道に入る。押しとかつぎに時折乗車できるところもある。

A8888_054 A8888_055 三つめのピークが888.8峰だった。この山はけやき立山という名前らしい。2.5万図には名称がない。平成8年8月8日には話題になり8時8分8秒までこだわって登った人たちもあったようだ。当日、NHKのローカルニュースで報道された記憶がある。

A8888_057 山頂で昼食。iwazakiさん持参のコーヒーを沸かしてごちそうになる。

穂積神社入り口まで来た道をもどる。気持ちよく乗れた。

帰りは東海自然歩道に入る。最初のうちは急なくだりでMTBを杖がわりA8888_067 にし慎重に下る。先行していたkumaさんが、ひそやかに告げる。

(カモシカ!)

山道のにじっとたたずんでいる。写真を撮りながら少しずつ下る。木の間A8888_071 からのので後で見たらほとんどピンぼけ。10メートルくらいまで近づいたところで、右に急な斜面を横切って走っていった。

早い!木の陰まで行ってまた止まっている。もう近づけない。

A8888_076 もう少し下ると沢沿いの道になり、乗れるようになる。

林道に出て残り4キロ。あとはいっきに温泉まで。

やませみの湯で汗をながして帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)